宅配クリーニング 比較

 

洗濯マニア厳選!失敗しない宅配クリーニング厳選2社!

リネット
テレビ番組などのメディアによく取り上げられるリネット。全国の宅配クリーニング店舗の中で人気が非常に高い。インターネットのニュースなどでもピックアップされた経緯があり、メディア露出度・注目度もNo.1。会員数は20万人をついに突破。 料金形態は1点1点に単価が設定されているスタイル。通常価格と会員価格に少し料金の差があるので、狙うは会員価格。

価格・料金スタイル リピーターの多さ 評価
1点ごとの価格制 宅配クリーニング比較 宅配クリーニング比較
リナビス
リナビス 品質にこだわりたいなら断然リナビス。宅配クリーニング店舗の中で最近急上昇率1位。送料無料、無料の会員登録で初回から333円引きが活用できる点も嬉しい。 料金形態はパック形式。初回限定でのお試しパックがリーズナブルでおすすめ!会員登録の333円引きと併用したらGOOD!安心できる宅配クリーニング。 (サイト管理人も活用済)

価格・料金スタイル リピーターの多さ 評価
パック制 宅配クリーニング比較 宅配クリーニング比較

【番外編】その他オススメ宅配クリーニング

クリラボ
リピート率97%という高いリピート率をマークしている「クリラボ」。他社の宅配クリーニングには無いサービスを展開しているところがポイント。宅配クリーニング業界のなかでは料金が比較的安く、1点1点の単価制ではなく5点、10点などのパック制での料金システムになっている。

・シミ抜き無料・往復送料無料・完全個別の水洗い対応・最長6ヶ月間保管無料などのサービスはgood!
保管無料は嬉しいかも。

 

価格・料金スタイル リピーターの多さ 評価
5点、10点まとめてのパック制 宅配クリーニング比較 宅配クリーニング比較

 

 

宅配クリーニングの利用者はサラリーマン・主婦と幅広い!

ココ最近、テレビや雑誌で話題の【宅配クリーニング】

 

クリーニングって、昔は近所のクリーニングに持っていくのが普通だったけど、
最近では、【宅配クリーニング】というものが流行っているそう!

 

テレビや雑誌などのマスコミにもよく最近はピックアップされます。

 

宅配クリーニングと聞くと、

  • 少量じゃ受け付けてくれないのでは???
  • 仕上がりまでにすごく日数がかかりそう。。。
  • 受け渡しはどうすればいいの???
  • 宅配ってなると、お金高そうだな・・・

などといった疑問が浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

 

そんな方の為に、宅配クリーニングについて詳しく調べてみました!

 

実際は使い方次第ではとっても便利だという声も非常に多いです。
是非、こちらを参考に、宅配クリーニングを活用してみてはいかがでしょうか。


疑問視される「宅配クリーニングの衛生面」実は安心。

最近、急激に宅配クリーニングが普及してきて、
「宅配クリーニングの衛生面って本当に大丈夫なのかしら。。。」
と疑問視する声も聞こえています。

 

しかし、クリーニング業を行うには「クリーニング業法」というものを遵守しなければならないようです。
こちらは厚生労働省が定めているもので、このルールに沿わないところは営業できない、開業もできないようです。

 

私もいろんな宅配クリーニング業者を比較するために利用してみたり仕上がりなどを調査してきました。もちろん厚労省の定めているクリーニング業法も目を通してみました。結構細か制定されています。。。駐車場の場所だとか、運搬などに使用する車の状態、運搬状況など。。
これ見て安心しました。

 

皆さんも是非チェックされてみてください。


意外と便利な「保管」って?

最近様々な宅配クリーニング業者が増えてきていますが、そもそも宅配クリーニングの人気の理由がもうひとつ。それは「保管」です。

 

この保管サービスを上手に活用することで、おうちの収納が広くなります!

 

■家のクローゼットが狭くて入りきらない
■冬物のコートはセーターなどは場所をとるから収納に入りきらない
■衣替えして整理しているけど、今シーズンじゃない衣類の保管が場所をとって大変

 

こんな経験ないですか?

 

宅配クリーニングのサービスのひとつでもある「保管」を上手に利用したら、冬が終わるま半年から一年くらい衣類を預かってくれるというサービスなんです!保管期間は各社異なりますが、例えば春夏になり冬物をクリーニングに出す。そのまま次の冬まで保管してもらい、連絡したら配送してくれるって感じ。これでクローゼットも通年すっきりしますし、押入れも荷物がかさばらずにすっきりしますよね!

 

こういった宅配クリーニングの活用方法もあるんです。
あなたのクローゼット、押入れがもっともっと広く活用できるようになること間違いなしです!


一番読まれているページは。。。